中古住宅の築年数(木造編)

中古住宅を検討されているお客様は、
「築年数が経っていますが、構造は大丈夫でしょうか?」
と質問されます。
やはり、中古住宅で一番気なるのは耐震性ですよね。

ですので、今回は木造住宅の築年数の目安について説明したいと思います。
木造住宅の耐震基準は大きな地震が起こる度に改定され現在に至っております
まずは、建物が建築された時期の法律の背景を知る必要があります。

1920年(T9)・・・建築基準法が初めて出来る。耐震規定は少ない
1924年(T13)・・・柱、梁だけでなく筋交いの設置を規定
1950年(S25)・・・耐力壁の壁量計算が初めて規定される
1959年(S34)・・・耐力壁の壁量計算の規定が強化される
1971年(S46)・・・コンクリート基礎の義務化
1981年(S56)・・・木造の壁量計算を大幅見直し
1987年(S62)・・・準防火地域に木造3階建て建築可能
2000年(H12)・・・地盤改良、接合金物、耐震壁配置計算義務化
2007年(H19)・・・木造3階建ての厳密な構造計算義務化、建築確認・検査の厳格化

が建築基準法の簡単な改定の流れとなります。
その中で注目したいのは1981年と2000年です。

1981年の改定によりそれ以降の建物は新耐震基準の建物とされ
現在もそれに沿って建築されます。
主な目的は「小さな地震に耐え、人生で起こるか起らないかの大きな地震には
建物が倒壊せず中に居る人を守る」が基準となっています。
阪神淡路大震災でも大きな成果が出ております。

2000年の改定は建物を建てる上でとても重要な地盤調査の義務化や
使用金物の明確化(ホールダウン等)、
耐震壁の配置バランスによる偏心率の計算など現実的な
対策が明記され義務化されました。
個人的な意見ですが、断層の真上や地盤の崩壊を除くと
2階建住宅の場合、大地震でも倒壊する事はほぼ無いと思います。

本当の耐震性は建物・地盤の状況や耐震診断を行わないと分かりませんが、
検討としては、この2つの改定を中古住宅の目安にしてみてはどうでしょうか?

なお、物件資料に記載されている新築年数は不動産表示登記の
日付が記載されており上記の日付は建築確認の確認日が基準となるので
木造住宅の場合は日付にプラス1~2年見ておいた方が良いと思います。

ですので、木造2階建の場合
「1983年(S58)以降なら新耐震基準に適合している
2002年(H14)以降なら更に安心である」

ちなみに木造3階建ては
「出来れば新築を検討して頂きたい」
目安としてはこんな感じでしょうか。

ただ、あくまで目安ですので
築年数が新しくても悪い建物もありますし
古い建物でも良い物件も沢山あります。

古くてもリフォームを予定している場合、耐震補強補助金
間取り変更も検討できるなどメリットも沢山あります。

一概に良い悪いは言えませんが、お客様の生活や予算に合わせ
物件毎に私達にご相談下さい。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

お客様インタビュー(宇治市K様)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宇治市のマンションにお住まいのK様は、

賃貸マンションに住んでおられましたが、脱賃貸を実現され、

快適なマンションライフを送っておられます。

毎月の家賃を将来性のあるローンに切り替えたいとお考えの方、必見ですよ。

【インタビュー記事を読む】

お客様インタビュー(城陽市M様)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40年以上城陽市にお住まいのM様は奥様との二人暮らし。

暮らしを見据えたマイホーム探しは昨年の春からじっくりご検討されたそうです。

数ある不動産会社の中から当社でご購入いただいた経緯をお聞きしました。

【インタビュー記事を読む】

お客様インタビュー(城陽市I様)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

閑静な住宅街である久世エリアにお住まいのI様は、ご夫婦と息子さんの3人暮らし。

久世エリアで物件がないか探していたある日、ポストにユニティのチラシが…。

こうして、I様の理想の住まい作りが始まりました。

【インタビュー記事を読む】

リフォーム事例7【中古住宅】

今回は、宇治市木幡南山のリフォーム事例をご紹介します。

築15年の中古住宅をご購入されましたので、お得なキャンペーンを適用させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常は70,000万円(税込)の住宅診断を無料で行いました。お客様が購入前に、

当社の一級建築士が欠陥の有無や修繕費用はいくらかかるかなどの確認を行いました。

室内や床下、屋外など日本ホームインスペクター協会で定められた診断項目に基づいた診断を行います。

お客様には、買った後のトラブルや追加の費用の心配がなくなるので、ご好評をいただきました。

 

 

 

 

さらに、最大30万円のアフターサービスが付いています。クロスの貼替えや畳の新調など、お客様のご希望の修繕個所に使うことができます。

今回は、洗面台の新調とクロス貼替えに当てられました。当初は新調するつもりがなくても、

最大30万円分のアフターサービスを利用することで、購入された住宅がより良くなったと、喜びのお声をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リフォームのメインとしては、11帖のLDKをもっと広々とさせたいとのご要望に応えて、16帖のLDKに増築工事を行いました。

増築工事に伴い、耐震補強工事も合わせて行いました。

 
【BEFORE】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車庫の後ろに位置するLDKに、活用しづらいスペースがありました。採光も十分といえる状態ではありませんでした。

 

【AFTER】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くぼんでいたLDKをカーポート手前まで拡張することで、16帖の広々とした空間を実現しました。

また、リビング上部に横長の窓を配置し、採光を取り入れることで明るい印象になりました。

 
新築や中古マンションをご購入の場合でも、無料の住宅診断と最大30万円分のアフターサービスが付いてきますので、

ぜひこの機会にご利用いただければと思います。

ホームページがリニューアル

◆ホームページリニューアルに伴うお願い◆
皆様にもっと使いやすいホームページをと考え、この度ホームページのリニューアルをすることになりました。
それに伴い、システムが大幅に変わりますので、もう一度新しいホームページからの会員登録が必要になります。 続きを読む

リフォーム事例6【ユニットバス編】

0.75坪の在来浴室を増築なしで1坪のユニットバスに変更する商品を紹介致します。

今まで浴室を大きくする工事は浴室・外壁を解体し増築部分のコンクリートの基礎構造、 続きを読む

リフォーム事例5【外構編】

【動線イメージ】

当初、外構工事はお客様の希望になかったのですが、
現地で打ち合わせに伺う度に駐車場から玄関までの距離が 続きを読む

安心キャンペーン実施中!

続きを読む

リフォーム事例4【浴室編】

今回のリフォーム事例は、ユニットバスの交換です。

続きを読む

中古住宅の築年数(木造編)

続きを読む